子供のよいところを思い出す

子供と向き合っているとつらくなってしまったり、ついイライラしてしまったりすることもあるでしょう。子供は大人になっていく過程で、いろいろなことを考えたり経験したりしていくため、彼らの行動に「何を考えているかわからない」と思ってしまうこともあるかもしれません。悪さをしたときにはついつい大きな声で叱ってしまうこともあるでしょう。特にいやいや期がはじまったり、何にでもわがままをいったりするようになったときには、普段はきちんと向き合えても、忙しいときには余裕がなくなってしまうときもあるのではないでしょうか。

そんなときはまず、子供のよいところを思い出してみてあげてください。生まれたときのことや、はじめて立ったときのこと、好きな食べ物を食べているときや、自分にかわいらしい笑顔を向けてくれているときのこと。余裕がなくイライラしてしまっているときは、ひとつ深呼吸をして、お子さまの好きなところやかわいいところを思い出しましょう。叱るにしても、余裕がないままではどうしても、自分本位に怒ることになってしまいます。前向きなところを思い出して精神的な余裕を取り戻してから、子供と向き合うようにしてみてはいかがでしょうか。きっとよいようにものごとが進むはず。

Copyrightc2017 無理なく子育てを続ける方法を考えよう All Rights Reserved.